熱血!与良政談   コメントする立場にある 与良正男 毎日新聞2017年2月8日 東京夕刊。 かつて日本の首相が交代した後、訪米して米大統領と会談するのを、マスコミ等々が皮肉を込めて「参勤交代」と呼んでいた時代があった。 訪米するには、お土産が要る。 米国が歓迎しそうな法律の国会成立を会談に間に合わせるため日本政府が急ぐこともしばしばあった。 10日の日

米首脳会談はどうか。 国のトップとしての経験は安倍晋三首相の方がトランプ大統領より圧倒的に長いのだから、今回を参勤交代と言う気はない。 だが、トランプ氏を怒らせないことだけがひたすら優先されていないか。  首相側は米国の雇用や投資拡大に貢献するお土産を検討しているようだ。 首相も「対米従属が過ぎる」との批判を気にはしているのだろう。 国会では「互いに協力

し、日米両国とも大きく成長する」策を伝えると強調している。  「相互利益(ウィンウィン)」となる策が本当に可能かどうかはさておく。 ただし、まず一発、脅しをかましておいて、相手がすり寄ってくるかどうかを見極めているようなトランプ流取引に、日本は既に引きずり込まれていると言っていい。  大統領を怒らせたら、中国や北朝鮮の脅威から日本を守ってもらえなくなり、理不尽な経済要求

も突きつけられるから仕方がないというのだろうか。 日本の国益、国民益とは何か。 日米関係はどうあるべきか。 今度の会談は大きな岐路となる。  ずっと気になっているのが、トランプ氏が中東・アフリカ7カ国の国民の米国入国を一時禁止する大統領令を出したことに対し、首相が「私はこの場でコメントする立場にはない」と国会で答弁したことだ。  米国内外で混乱が広がり、カナダや

欧州の首脳が人権や宗教の自由をはじめ、さまざまな観点から正面切って批判しているのに、何て及び腰なことか。 私は米国への内政干渉ではないと思うし、首脳会談でもきちんと懸念を伝えるべきだと思う。  さて首相は本当にトランプ氏とゴルフに興じるのだろうか。 古賀誠元自民党幹事長は先日のTBS番組で「ゴルフはいかがなものか。 近づいて仲良くなればいいわけではない。 

交渉には冷静な『間』も必要だ」と語った。 全く同感。 こうした声が現職の自民党議員から聞こえないのがこれまた悲しい。 (専門編集委員)   私の意見。 危ないあぶない。 かなり心配。  荒川強啓 デイ・キャッチ! 時事川柳に 「ゴルフして パーにならぬか あの二人」 いいね!

alm31d.jpg

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.