「みんなの広場 投稿記事」  権力に批判的な視線を 主婦・前田なつ美・37(岡山市北区)毎日新聞 2017年5月24日 東京朝刊。 日々の家事をこなしながら、さまざまな情報番組を見ている。 最近、権力側を擁護するコメンテーターや政治評論家がほとんどのように感じている。  小学校開設をめぐる森友学園問題や学部開設をめぐる加計学園問題をさまつな事柄のように受け止

めさせる方向に誘導したいのか、あるいは我々国民に理解力がないからと見下しているのか、政権側の言い分を伝えるだけのいいかげんな解説は非常に不愉快だ。 この人たちは官邸から接待でも受け、出演させているテレビ局も権力側にくみしているのか、との疑念がわく一方だ。  民主主義社会においてメディアは権力のチェック機関であり、両者の癒着は独裁への道を進むことになると書

物で読んだことがある。 どんな事柄であっても、メディアは権力側に批判的な視線を忘れてほしくない。 それがひいては今後の子供たちの時代を守ることにつながる。 日々成長していく子供たちを見ながら、そう思う。


「みんなの広場 投稿記事」  NHKの報道姿勢に疑問 農業・榎本郁和・65 (大阪府吹田市)毎日新聞 2017年5月26日 東京朝刊。 「共謀罪」の制定を目指す組織犯罪処罰法改正案が衆院を通過し、参院に送付された。 安全保障関連法についての報道でも同じだったが、NHKのニュース放送ではなぜ、法案に関する問題点をきっちりと伝えないのだろうか。 安倍晋三首

相や担当大臣の法案の趣旨説明をそのまま放送するだけでは公共放送としての責務を放棄していると思わざるを得ない。  もとよりNHKは政府放送局ではない。 国民の知る権利や民主主義社会の発展と啓蒙(けいもう)について特段の配慮が必要なことは言うまでもない。 だが北朝鮮のミサイル発射実験を利用して危機感をあおるような政府与党の見解のみを一面的かつ無批判に

報道しているとしか思えない。 その姿勢には公共放送としての責務を担う気概が全く感じられない。 今、森友学園問題や加計学園問題では政権中枢との関係が論議されている。 NHKに政権への「そんたく」が存在するのであれば、日本の平和と民主主義が危うくなるだろう。   私のコメント。 前文部次官前川氏について、菅氏は「地位に恋々としがみついていた」と指摘した。  さて、

政権に恋々としがみついているのは安倍晋三君ではないか。 

jan12d.jpg ノルウェー・オスロが近づいて来た。
 
jan14d.jpg

jan15d.jpg クロンボー城 1。 シェークスピアの戯曲「ハムレット」の舞台となった城。 オレスンド海峡という海峡に面して建てられており、1400年代から1800年代まで、王家の威信を見せつけて、オレスンド海峡を通る商船から、海賊からお船を守るという名目のもとに、通行税を徴収するという重要な任務を負っていました。 オレスンド海峡の先にはバルト海があり、ロシアなどと交易をする商船にとってこの海峡は重要な航路だったのです。

jan16d.jpg クロンボー城 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.