「みんなの広場 投稿記事」  議会政治の危うさ覚える 主婦・岡本信子・67(兵庫県伊丹市)毎日新聞 2017年6月11日 東京朝刊。 5月27日の本紙に掲載されたコラム「柳田邦男の深呼吸」に全く同感である。  こんなに政府が一丸となり暴走するような政権を私は知らない。  また、これほど職権の乱用と不正を疑われる為政者の記憶もない。  疑惑の度を深める文書が次々

に出て窮地に直面すると、問題を指摘する人物の人格まで批判し、証言の信頼性を失わせようとするに至っては、不愉快極まりなく、隠蔽(いんぺい)体質の露呈で政治不信を一層強めるだけである。  しかし残念なのは、政治家を選択するのは我々であり、政治の姿は国民の意識の反映に他ならないということだ。  曲がりなりにも一国のリーダーたる者は自身の言葉に責任を持ち、その重

みを真剣に受け止めるべきで、立場は異なっても相手を尊重する謙虚さを失ってはならないと思う。  与党の都合で言葉を操り、数の力で押し切ろうとする現政権のやり方に議会政治の危うささえ覚える。  不誠実な人たちによって真実がゆがめられるのはごめんだ。   私のコメント。 疑惑だらけの政権、このまま居座るつもりなんだ。

jan34d.jpg  オスロ市庁舎外壁の一辺はこの様な造り、港に面した側。

jan36d.jpg オスロ市庁舎外壁の彫刻 6。

jan37d.jpg オスロ市庁舎脇の公園にある彫刻 1。 

jan33d.jpg オスロ市庁舎脇の公園にある彫刻 2。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.