「みんなの広場 投稿記事」  「見かけ倒し内閣」はいらない 無職・山崎善美・69(山口県下松市)毎日新聞 2017年8月13日 東京朝刊。 今回の内閣改造は、支持率回復を狙った「見かけ倒し」の姑息(こそく)な手法である。 そもそも支持率が下がったのは、お粗末な閣僚もさることながら、安倍晋三首相の民主主義を無視した、強引かつ国民をばかにした国会運営が原因だからだ。 

政策であったはずの「税と社会保障の一体改革」はおろか、景気浮揚策であるアベノミクスも既に破綻している。  安倍首相自身が信用されていない中で、小手先の内閣改造をしても焼け石に水だ。  安倍首相には、このまま、妻の昭恵氏や加計孝太郎氏、稲田朋美元防衛相をかばい続けて、証人喚問を拒否し、丁寧でも真摯(しんし)でもない国会運営を続けてほしいものだ。 支

持率が更に下がり続けることは明白である。  今、自民党を支持している方々には声を大にして言いたい。 今の自民党は、野党になる前の自民党とは異なり、戦後最悪の政権だということを。 安倍首相は一刻も早く「任命責任」を取って退任すべきである。

「みんなの広場 投稿記事」  徳が欠けている安倍首相 塾講師・小林俊彦・79(札幌市北区)毎日新聞 2017年8月13日 東京朝刊。 ことわざに、「臭い物にふた」というのがある。  安倍晋三首相は、問題のあった閣僚を交代させることで、支持率の上昇を狙っているようだが、臭い物の源を絶たなければ駄目だと私は思う。  今回の内閣改造後、反省の言葉を述べて、首相は深々と

頭を下げて見せた。  しかし、自らに向けられた疑惑には全く答えなかった。 これでは何の解決にもならない。 自らきちんと説明しなければ、事は解決しない。 単なるパフォーマンスに私は、だまされない。 それにしても、政治家や官僚の記憶力の悪さには驚いた。 「記憶にございません」と、堂々と言う。 難しい国家試験に合格したエリートたちが平然と言ってのける。閣僚も、同様で悪び

れない。 以前、ダグラス・グラマン事件の証人となった某氏は、手が震えて署名ができなかった。 その姿に、私は、良心のかけらを見たのだが。  安倍首相や閣僚、官僚の姿に「巧言令色鮮(すくな)し仁」という言葉を思う。 人徳のある政治家はいないか。  私のコメント。 諸般の問題は謝って済む問題ではない。 総理は当然のこと議員も辞職すべきだ。 

brv8d.jpg 日本食 「寿司バー」日本酒もあります。

brv9d.jpg 日本酒一合枡の飾り。
 
brv10d.jpg 日本食 「鉄板焼」コーナー。 カバーチャージ一人29、29ドル。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.