特集ワイド  会いたい・2017年夏/5 大橋巨泉さん 「遺言」に刻んだ信念 毎日新聞 2017年8月14日 東京夕刊。 大橋巨泉さん テレビタレント(2016年死去、享年82) アドリブの利いた軽妙なトークは、吹き抜ける風のようだった。 そんな大橋巨泉さんの印象とは対照的に、昨夏に残した「遺言」は壮絶そのものだった。 <安倍晋三の野望は恐ろしいものです。 選挙民をナ

メている安倍晋三に一泡吹かせて下さい>
 「週刊現代」の連載コラム「今週の遺言」の最終回(2016年7月9日号)は痛烈な政権批判だった。 戦争体験を原点とした昭和の名司会者は、初の戦後生まれの首相の動向に厳しい視線を向けていた。  コラムは巨泉さんの弟、哲也さん(75)が兄の言葉を代筆した。  あるじなき事務所を訪ねると、闘病中の兄の姿を振り返ってくれ

た。 病室では、既にペンを走らせる余力はなかった。 「この短い文章に兄の思いが凝縮されています。 ただ、何が恐ろしいのか、具体的には書かれていないんですね。 体力が許せば、もっと解説したかったと思います。 でも今の政治状況を見れば、当時何を言いたかったのか、よく分かってくる」  以下割愛。

brv2d.jpg ノルウェージャン・スター号階段の装飾 1。

brv3d.jpg 
ノルウェージャン・スター号階段の装飾 2。

brv4d.jpg
ノルウェージャン・スター号階段の装飾 3。
 
http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.