「みんなの広場 投稿記事」  戦争の恐怖 孫が体験せぬよう 主婦・大村幸子・81(大阪府高石市)毎日新聞 2017年8月27日 東京朝刊。 8月15日が来ると、思い出すことが限りなくあります。 9歳の時に終戦となり、母の実家の農機具小屋の前で全員整列して玉音放送を聞きました。 セミの鳴き声が響く中、ラジオから天皇陛下の声が流れてきたあの時間がはっきり思い出され

ます。 みんな無口で、汗だくで聴き入りました。  集団疎開も経験しました。 お寺の大きな本堂に皆かたまって過ごしました。 月に1回、親が着替えを持って面会に来てくれる日を首を長くして待ったものです。 常におなかがすいていて、食事は大豆入りのまぜご飯が少しずつでした。 年末の地震で柱が揺れた恐ろしさは忘れられません。 戦局はますます悪化し、私は滋賀の母親の実家

に縁故疎開することになったのです。  戦地から帰国がかなわなかった親類縁者がいます。 焼夷(しょうい)弾が降ってくるあの恐怖は子や孫に絶対経験させたくありません。 改憲を主張するなど強引な姿勢を見せる安倍晋三首相には国民のために熟慮を、とお願いいたします。  私のコメント。 戦争を知らない、坊ちゃん総理は制裁一点張りだ。 危なっかしい。
ott4d.jpg 
ロッテルダムの奇妙な建物 1。

ott5d.jpg 
ロッテルダムの奇妙な建物 2。

ott3d.jpg ロッテルダムの奇妙な建物 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.