栄転、昇格…森友問題「渦中の人」 忘れていいの?二つの人事 毎日新聞 2017年9月7日 東京夕刊。 学校法人・森友学園問題を巡り、「渦中の人」となった霞が関官僚2人の人事は大きな批判を浴びたが、北朝鮮の核実験などもあり、報道される機会が減った。 霞が関でもこの問題は沈静化したのか。 現役官僚やOBを訪ね歩くと、いまだに疑問が残るという。 このまま忘れ去っていいのだろうか。 【鈴木美穂】

<谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」>
<森友・加計疑惑、日報問題 安倍首相、真摯な説明はいつ? >
<安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚>
<安倍昭恵氏、秋田訪問 「私人」警備に困惑 警護不要 でも…>
<昭恵夫人は「いいね」が欲しい“意識高い系女子”か>

安倍晋三首相の妻昭恵さん付の政府職員だった経済産業省の官僚、谷査恵子さんが8月6日、ローマにある在イタリア日本大使館の1等書記官に就いた人事は記憶に新しい。 世耕弘成経産相は「同期の2種(ノンキャリア)の職員も既に3分の1程度は海外勤務を経験している」「1月末に内内示が行われ、森友問題との関連は全くない」と「通常の人事」であると強調した。 だが、

ある経産官僚は「こんな人事は聞いたことがない。 ノンキャリア官僚の処遇としては違和感を覚える」と驚きを隠さない。  1等書記官は大使、公使、参事官に次ぐポスト。 元外務官僚で青山学院大法科大学院客員教授の小池政行さんは「主要7カ国(G7)の一つのイタリアで1等書記官は通常、キャリアのポスト」と解説する。  私のコメント。 絶対、忘れません。 つづく。

ott9d.jpg キュービック・ハウス博物館 (Kijk Kubus)  1。 キュービックハウスの中に、博物館として内部を公開している家がある。 中身がどうなっているの?と興味がある人は、是非 この「博物館」に足を運んでほしい。

ott10d.jpg キュービック・ハウス博物館 (Kijk Kubus)  2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.