安倍首相  解散表明 確かな目持とう 政治部長・佐藤千矢子 毎日新聞 2017年9月26日 東京朝刊。   「衆院解散に大義は必要か」。  安倍晋三首相のもとで3年前に行われた解散・総選挙に続いて、こんな当たり前のことが問い直される時が来ようとは思っていなかった。  だが今、再び「大義なき解散」を仕掛ける首相に対し「自己都合」「森友・加計疑惑逃れ」という批判

の一方、「解散は首相の専権事項。 大義は必要ない」との声があがる。  ある政治学者は「もはや無秩序状態。  政治リテラシー(読み解いて判断する力)が落ちている」と嘆く。  解散は、有権者から国政を任された衆院議員に任期を全うさせず、首相がクビを切る行為だ。  重要政策を巡って国会審議が行き詰まり、国民に判断を仰ぐなど、重大な理由が必要だ。  国民はなぜ

議員が十分に働かないうちにクビを切られるのか、何が問われているのかを知る権利がある。 首相は納得のいく説明をする責務がある。 それが解散の大義だ。  首相は記者会見で、消費増税の増収分の使途変更など、急ごしらえの大義を並べた。だが、ほとんど議論されていない政策を無理に持ち出した感は否めない。 「北朝鮮の脅かしに左右されない」解散という意味不明の説明も

あった。  本当の理由は、森友・加計問題に加え、民進党の新体制のつまずきや、小池新党の準備状況を見て、今のうちに選挙をすれば、大負けしないと判断したためと見られている。  北朝鮮情勢が緊迫する中、解散で政治空白を生じることはとりわけ問題が多いが、首相は安全保障上の危機さえ選挙に利用しようとしているように映る。  首相が強引に解散に踏み切るなら、国民は冷

静な目で判断するしかない。 有権者一人一人が政治を読み解く確かな力を高めていく必要がある。  私のコメント。 安倍政権を倒そう。

ott30d.jpg ロッテルダム街の様子 7.。 左側のビル、前回の突っ張り棒があるビル。 この街にはヘンテコなビルがいっぱいある。

ott31d.jpg ロッテルダム街の様子 8.。 公園の彫刻。

ott32d.jpg ロッテルダム街の様子 9.。 『エラスムス橋』 40本の連なった鋼鉄ワイヤーが向こう岸に投げかけられています。 全長800メートル。 最高地点での橋の高さは139m。 幅は(不明)左右に歩道があり、橋には市内を走る電車が2系列走っている。 川を通るヨットが通過する時は開口する。 電線も全ての回線が分断されるのには驚いた。

ott33d.jpg ロッテルダム街の様子 10.。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.