美術史博物館、館内 Ⅵ
win32d.jpg
青のローブと黄色のスカートをまとったモデルの少女は月桂冠をかぶり、名声を象徴するトランペットと歴史を象徴する分厚い本を手にしている。  通説ではこの少女は歴史のミューズであるクリオであり、画家(一説にはフェルメール自身と解釈されている。)は「歴史画」を描いていることになる。 「歴

史画」とは、聖書や古代の神話、古典文学、歴史上の事件などを題材とした絵画のことである。  描く画家にも一定の教養と構想力が要求される「歴史画」は、西洋においては 「風俗画」「肖像画」「静物画」「風景画」などの他のジャンルの絵画よりも一段高いランクの絵画と見なされていた。  ウィキペディアより。

制作年代 1666?1667年頃
絵画芸術 ウィーン(オーストリア)美術史美術館
120×100cm
ヨハネス・フェルメール Johannes Vermeer (Jan Vermeer)
(1632-1675)

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.