バーハーバー港桟橋。悪天候の模様。

bar31d.jpg 左に見えるのが本船(サミット号)です。 右は本船のテンダーボートです。 バーハーバー港にはテンダーボートや地元の送迎船でしか桟橋には着けない。 ご覧の通りの悪天候で海はかなり荒れていました。

bar17d.jpg 左が本船。右地元の送迎船。 天候が悪いと寄港地観光に出るのも大変。

bar34d.jpg 送迎船から本船を撮る。

bar35d.jpg 専用の桟橋がない港では客船は陸から離れた海の上に錨を下ろし待機している。 写真のような状況の中、地元の送迎船やテンダーボートに乗り移って寄港地観光に向う。 波が荒いと両方の船が揺れるので乗り移るのに危険も伴う。 手前が送迎船。

bar30d.jpg バーハーバー港桟橋付近の道路上で観光客をバスに誘導する係り員。

bar33d.jpg バーハーバー港桟橋付近。 黄色い建物の向こう側からアカディア国立公園などの観光発着地。

bar29d.jpg この雨ではインフォーメーションも開店休業。

http://homepage2.nifty.com/nobu_ishi/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。

スポンサーサイト





セピア風の写真が味わい深いです
いつかこんな風景を見た様な感じがしてしまいます

※コスタ・コンコルディアの事故には衝撃を受けました
 この素晴らしい巨大な客船が
 みじめにも海に横たわっている姿にはぞっとしました
 今度恋人と一緒に船旅をしようと思っていた矢先であり
 全く泳げない彼女は
 ライフジャケット無しで海に放り出されたら死ぬしかありません

 しかし なによりも驚いたのは
 船長の自責の念の欠如です
 言い訳ばかりですが
 人間として申し訳ないとゆう気持ちはないのだろうか?
 あるいは 自分のお客さんの死が悲しくないのだろうか?
 
 まるで東電の様な船長さんですが

 亡くなった人達が哀れです
 せめて巨額の保険が支払われればいいですね
【2012/01/19 18:16】 URL | Tatsu #DUbWdxi.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.