脱原発のエネルギー政策を 主婦・岡本信子・68(兵庫県伊丹市)毎日新聞2018年1月24日 東京朝刊。 太陽からの有害な紫外線を吸収するオゾン層。 フロンなどの化学物質による破壊が問題視されるが、2016年に南極上空で破壊された量は05年より20%減っており、破壊物質の使用量削減などを義務づけたモントリオール議定書の効果を示す証拠と報じられた。  転じて、

福島原発事故が起きた日本の現状は脱原発の声が下火になり、あのころの節電対策も忘れたかのようだ。 一度享受した便利さを手放すことは容易ではないかもしれないが、国を挙げて推進した原発に頼らない生活スタイルを今一度考えてみてはどうだろう。  地震多発国日本において原発は北朝鮮の脅威より深刻だ。 にもかかわらず対応策に欠ける現政権に不信感が募るばかり。 個

人の力は小さいけれど、一人一人が今より少し不自由を容認すればエネルギー消費量は大きく減るはずだ。 それを機に代替エネルギーへ転換するというビジョンを政策として示してもらいたい。 元首相たちも「原発ゼロ法案」を発表。 併せて期待したい。
小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。  デイキャッチ時事川柳! 今週のチャンピオン!  危ないよ フグのカンゾウ あのシンゾウ 

ac41d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 8。

ac42d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 9。

ac43d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 10。

ac44d.jpgスペイン・ヒホン出港風景 11。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  「面会せず」は残念でならない 会社員・矢吹正道・50(東京都品川区)毎日新聞2018年1月23日 東京朝刊。 安倍晋三首相が、来日した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の事務局長に会わなかったのは、残念でなりません。 「日程の都合」とのことですが、「首相日々」を見ると、10日はミス・ユニバース日本代表の表敬を受けまし

たし、米倉涼子さんとは今月2回も会っています。 短時間でも会おうと思えば会えたのに、「会いたくなかったのだ」と取られても仕方ありません。  日本政府の立場が違うことは分かりますが、その違いを超えてノーベル平和賞受賞者に敬意を表して面会してもよかったのではないでしょうか。 会わないことで、被爆者団体と日本政府の「断絶」が深まることを懸念しています。  核兵器禁止条

約についてもせめて「棄権」すべきではなかったでしょうか。 唯一の戦争被爆国が核兵器禁止に「反対」しては、原爆の犠牲者が浮かばれません。 昨年「排除」という言葉が問題になりましたが、安倍政権にも異なる見解を「排除」する傾向を感じます。  小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。  デイキャッチ時事川柳! 今週のチャンピオン!  危ないよ フグのカンゾウ あのシンゾウ 
 

ac37d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 4。

ac38d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 5。

ac39d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 6。

ac40d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 7。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






みんなの広場 投稿記事」  危うい安倍政権の政治手法 無職・中野由夫・69(宮崎市)毎日新聞 2018年1月14日 東京朝刊。 安倍晋三首相は、第2次安倍内閣発足から5年を迎えた昨年12月、「申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑う」という株式相場の格言を引用し「騒がしい1年だった。 来年は笑う1年であってほしい」と抱負を述べた。 しかし騒がしい1年にしたのは安倍首

相自身ではと思う。  今も続く安倍1強。 ここ数年の安倍政権は、特定秘密保護法に始まり、安全保障関連法、「共謀罪」法と強行採決の繰り返しだった。 森友・加計(かけ)学園疑惑は今もくすぶっている。 選挙に勝てば国民には説明不要という姿勢で、国会を軽視し、国会・内閣の権力分立の均衡さえ崩れた態様だ。  政策は「スローガン政治」と言われる看板の掛け替えに終

始し、政策の検証や工夫がないまま次の看板に掛け替えるのが安倍政権の「経済優先」の実像という。政権が続くのも「数の力」と「野党の弱体化」のためだ。 年頭記者会見で改憲への意欲を示した安倍首相。 この政権の政治手法で丁寧な憲法論議が進められるのか? とても危ういと思う。  

小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。 先の衆院選分析 自民、得票率は48%どまり 議席占有率は76%。 絶対得票率でみれば、自民は比例代表選挙で16・99%、 小選挙区で24・49%に過ぎません。  安倍晋三君、国民の半数以上が自公政権を信頼していないんだよ。    デイキャッチ時事川柳! 今週のチャンピオン!  危ないよ フグのカンゾウ あのシンゾウ 

2016年10月06日18:00pm スペイン・ヒホンを出港、ポルトガル・リスボンへ向け出航。

ac33d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 1。

ac34d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 2。

ac35d.jpg スペイン・ヒホン出港風景 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  元首相「原発ゼロ法案」に賛成 無職・森隆政・66(栃木県那須町)毎日新聞 2018年1月13日 東京朝刊。 小泉純一郎元首相らが「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子案を発表した。 稼働中の原発を即時停止し2050年までに自然エネルギーへの代替を実現するなどの内容で、超党派で賛同を募り通常国会で法案提出を目指すという。 

一見ドン・キホーテ的な行動だ。  安倍政権は原発再稼働に意欲的で原発ゼロとは一線を画す。 国会は衆参両院とも過半数の勢力を与党が占め、たとえ野党の協力を得て国会に法案を提出できても、成立は絶望的だろう。  それでも小泉氏らは原発ゼロへの国民の意識は高まっているとし、近い将来実現すると意気盛んだ。 首相経験者が引退してなお国の将来を憂え国民運動

にまい進する事例は聞いたことがない。  首相在任中、不覚にも原発の安全神話にだまされて推進したことを、よほど悔いているのだろう。  本来なら首相経験者として尊敬を集め回顧録を執筆しながら悠々自適の晩年を過ごしてもよいはずだ。  小泉氏らの危機感は強い。  全面的に賛成だ。  応援したい。  自民党、公明党にお願いします。 疑惑の多い安倍政権の続投は阻止してほしい。  小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

ac30d.jpg スペイン・ヒホン港の土産物売り場 1。

ac31d.jpg スペイン・ヒホン港の土産物売り場、キッズコーナーが充実 2。

ac32d.jpg スペイン・ヒホン港の土産物売り場、キッズコーナーが充実 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  カネと力による露骨な圧力 無職・藤田修三・71(静岡市葵区)毎日新聞 2018年1月7日 東京朝刊。 政府は来年度予算案で沖縄振興費を2年連続で減額させた。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する翁長雄志知事へのけん制であるのは明白だ。 「金縛り」という、えげつない手法に、政府の沖縄に対する冷たい視線を感じる。 

海外では、エルサレムをイスラエルの首都と認めたトランプ米大統領が、国連総会で認定の撤回を求めた決議の賛成国への援助を打ち切るという「恫喝(どうかつ)外交」に出た。 日米両政府のそれぞれの対応に共通するのは、カネと力による、いやらしいほどの露骨な圧力で相手を従わせようとする強引さだ。  こうした政府の沖縄政策を我々本土住民は傍観し、結果的に肯定してきた。 

沖縄県民は結局はこのまま政府の圧力に屈していくのだろうか。 一方、国際社会は、トランプ政権に今後どう向き合うのだろうか。  国の内外で進む分断。とりわけ我が国では、同胞である沖縄の人たちへの思いが、政府の政策に徐々に慣らされ、変遷していくのではないかと懸念する。

「みんなの広場 投稿記事」  「官僚よ 杉原千畝に学べ」 大学教員・浜岸利夫・58(岐阜市)毎日新聞 2018年1月7日 東京朝刊。 12月24日付の本紙(中部本社発行版)の「官僚よ 杉原千畝に学べ」という記事を読んだ。  先の大戦中、政府方針に反してユダヤ難民に「命のビザ」を発給した岐阜県出身の杉原。 その良心や正義感を、文部科学省前事務次官の前川喜

平氏と、イラク戦争に反対する公電を外務省と全在外公館に打った元駐レバノン大使、天木直人氏が語った。  新年度から使われる4社の小学生向け道徳教科書が杉原を紹介している。 県立図書館で教科書を見てきた。 小学6年生でも理解できるように記述しており、文科省が掲げた「考え、議論する道徳」の教材になっているのだろう。  一方で、官僚が官邸の思惑をそんたくした

という森友・加計学園問題が国会で何度も取り上げられたが、国民が納得できるような説明はいまだにない。 官僚は道徳教科書を熟読し「自分ならどうするか」を考え「何を最優先するか」を熟慮してほしい。 問題の経緯を明らかにすることを忘れてはならない。 自民党、公明党にお願いします。 疑惑の多い安倍政権の続投は阻止してほしい。  小泉純一郎氏の原発0法案に賛成。

ac27d.jpg スペイン・ヒホン 17。

ac28d.jpg スペイン・ヒホン 18。

ac29d.jpg スペイン・ヒホン 19.

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 客船の旅, All rights reserved.