「みんなの広場 投稿記事」  戦争の恐怖 孫が体験せぬよう 主婦・大村幸子・81(大阪府高石市)毎日新聞 2017年8月27日 東京朝刊。 8月15日が来ると、思い出すことが限りなくあります。 9歳の時に終戦となり、母の実家の農機具小屋の前で全員整列して玉音放送を聞きました。 セミの鳴き声が響く中、ラジオから天皇陛下の声が流れてきたあの時間がはっきり思い出され

ます。 みんな無口で、汗だくで聴き入りました。  集団疎開も経験しました。 お寺の大きな本堂に皆かたまって過ごしました。 月に1回、親が着替えを持って面会に来てくれる日を首を長くして待ったものです。 常におなかがすいていて、食事は大豆入りのまぜご飯が少しずつでした。 年末の地震で柱が揺れた恐ろしさは忘れられません。 戦局はますます悪化し、私は滋賀の母親の実家

に縁故疎開することになったのです。  戦地から帰国がかなわなかった親類縁者がいます。 焼夷(しょうい)弾が降ってくるあの恐怖は子や孫に絶対経験させたくありません。 改憲を主張するなど強引な姿勢を見せる安倍晋三首相には国民のために熟慮を、とお願いいたします。  私のコメント。 戦争を知らない、坊ちゃん総理は制裁一点張りだ。 危なっかしい。
ott4d.jpg 
ロッテルダムの奇妙な建物 1。

ott5d.jpg 
ロッテルダムの奇妙な建物 2。

ott3d.jpg ロッテルダムの奇妙な建物 3。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」   どこの国の外務省ですか 無職・鈴木強・66 (滋賀県湖南市) 毎日新聞2017年8月30日 東京朝刊。 「あなたはどこの国の総理ですか」。 長崎の被爆者団体の代表が核兵器禁止条約に日本政府が批准しない方針を示していることに憤り、安倍晋三首相に投げかけた言葉だ。 今度は「どこの国の外務省か」と問いたい事態が起きた。  国連の

ジュネーブ軍縮会議で恒例だった日本の「高校生平和大使」による本会議での演説が見送られたのだ。 外務省は特例的な演説を問題視する国があり全会一致の賛同が得られなかったというが、条約を歓迎する高校生たちが政府と異なる考えを表明することへの危惧が背景にあるのではないかという見方がある。  政府は軍縮大使主催のレセプションで発言の場を設けたが、演説実現に

外務省の強力な後押しはなかったようだ。 どこかの国の意向をそんたくした影を感じる。 被爆者の高齢化が進む中、核兵器を違法とする条約の成立を受ける形で、唯一の被爆国を代表する若者の声を軍縮会議の本会議から世界に発信することを実現してほしかったと思う。

ott6d.jpg ロッテルダム港付近 1。 ノルウェージャン・スター号、10590室内にて撮影。 

ott7d.jpg 
ロッテルダム港付近 2。 ノルウェージャン・スター号、10590室内にて撮影。 

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  くすぶり続ける疑惑と不信 無職・南純潔・75(北九州市八幡西区) 毎日新聞2017年8月23日 東京朝刊。 過日、安倍晋三首相は妻の昭恵氏を公人ではなく私人だと言い切った。  その昭恵氏付の政府職員だった谷査恵子氏を6日付で在イタリア日本大使館の1等書記官に任命した。 経済産業省出身でノンキャリアの彼女が外務省キャリアでも枠

の少ない1等書記官に就けたのは前代未聞、超大抜てきだとメディアは報じた。  彼女は森友学園への国有地売却に絡み、財務省に照会した結果を森友側にファクスで回答していたことが3月に明らかになっており、参考人招致が求められる人物である。  この時期に国民の不評を買うことを承知で任命を実行した目的は二つ。 森友学園問題鎮静化のための参考人招致の忌避と、政権

擁護のための沈黙(真実を話さない)に対する恩賞だろう。  世耕弘成経産相は森友学園問題とは「全く関係ない」と指摘している。 しかし、こうしたことに官僚らは萎縮し、政権擁護と事実の隠蔽(いんぺい)により栄達の道を求める。 ☆北朝鮮がミサイル発射したと大騒ぎしているようだが。 政府は騒ぎ過ぎだと思う。 Jアラートなど発信して、あたかも国民を守るとかの発言をしてい

るが。 君たちはシエルターを備えているいるだろうが。 国民の99、99%はそんな用意はない。 どこへ逃げたらいいんだ。 新幹線とか高速道路など特定の場所だけに発信たらどうだ。 少しは知恵を使い、国民の不安を煽るような行為はつつしむべきだと思う。


ott2d.jpg 2016年10月01 08:00AM オランダ・ロッテルダム入港。 オランダの他の町を訪れた後にロッテルダムを訪れると、 その近代的な雰囲気に驚くのかもしれません。 「アムステルダム・ロッテルダム」とよくセットに して名前が挙げられますが、この2つの町は正反対。 アムステルダムが17世紀の面影をしっかり 残しているのに対し、ロッテルダムはかなり近代的なのです。 第二次世界大戦により壊滅的

な被害を受けたロッテルダム。戦後、計画都市として、モダンでおしゃれな建物が建ち並ぶ街へと復興を遂げました。 オランダ国内の他都市に比べて特徴のある建物が多く、街全体がアーティスティックな雰囲気に包まれています。 今回はロッテルダムのおすすめ観光スポットを見ていきましょう。 路面電車ブラーク駅 1。

ott1d.jpg  路面電車ブラーク駅 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






元昭恵氏付の経産省職員、海外異動に違和感 国会招致逃れ? 省内から「不自然」 毎日新聞 2017年8月24日 東京朝刊。 安倍晋三首相の妻昭恵氏付の政府職員だった経済産業省の谷査恵子氏が今月、在イタリア日本大使館の1等書記官に赴任した。 学校法人「森友学園」に対する国有地売却問題への関与が十分に説明されないなかでの異動で、経産省内からも「不自然な人事だ」との指摘が出ている。 【佐藤丈一】

「今回の異動は多くの職員が驚くとともに、違和感を持っている」。 経産省職員らで作る「全経済産業労働組合」の飯塚盛康副委員長は16日、フェイスブックに記した。  この異動について、世耕弘成経産相は15日の記者会見で、森友問題が浮上する前の1月末に「内々示」を出したと説明。 「同期の2種(ノンキャリア)の職員も、既に3分の1程度は海外勤務を経験している」と通

常の人事だと強調した。  ただ、こうした説明に納得していない人もいる。 谷氏が昭恵氏付を3年間務めた後に経産省に戻ったのは2016年1月だ。  飯塚氏は「世耕氏の発言の通りなら、経産省に戻って1年くらいで大使館への赴任を決めていたことになる」と指摘。 「経産省の人事異動サイクルは通常2~3年。  よほどの理由がない限り1年での異動はない」とした。  谷氏は経産省

の「クール・ジャパン海外戦略室」などで勤務。 その後に内閣官房で昭恵氏付を担当した。  国有地売却に関し、財務省への照会結果を学園の籠池泰典前理事長にファクスで送ったことが問題視されたが、政府は「谷氏個人が作成したもの」(菅義偉官房長官)と説明。  野党は参考人招致を要求し、自民党が拒否していた。  元駐イラン大使の孫崎享氏は「国内にいれば参考人

招致などで国会に呼ばれる可能性があった。  海外に逃がした人事ではないか」と指摘。 飯塚氏も「首相夫人という『私人』が国家公務員に危ない橋を渡らせた。  異動は論功行賞だろうが、政権による公務員の私物化の象徴だ」と批判した。

bru38d.jpg 交換プレート 1。

bru39d.jpg 
交換プレート 2。

brv11d.jpg 寿司バァーの飾り。

jan43d.jpg
オークション絵画。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。






「みんなの広場 投稿記事」  心無い言葉を受け傷つく 接客業・鈴木由香里・23(東京都府中市)毎日新聞 2017年8月13日 東京朝刊。 「私は福島県いわき市の出身です」。 こう答えれば誰もが「被災地ですね」と言います。  加えて、続くのは原発、放射能といった言葉です。 東日本大震災の時、私は高校1年でした。 高校卒業後に上京。 短大を経て、接客業に就職しまし

た。そこでは、毎日、お客様の顔ぶれが変わるので、何度も自分の出身地を問われ、その度に冒頭のように答えます。 「逃げてきたのか」とも言われます。 心無い言葉をなぜこんなにも簡単に言えるのでしょうか。 この言葉を受け取る側としては、とても傷つきます。まるで私が、故郷を捨てたようではありませんか。 揚げ句には「放射能を浴びて、頭が悪くなったんだろ」と、ひどい言われようで

す。 子供が聞いたらまねをして、いじめにつながりかねません。 ぜひ、その発言を見直してください。 私は被災地の出身ではありません。 日本の東北、福島県いわき市の出身です。 私たちをいつまでも被災者にしないでください。

「みんなの広場 投稿記事」  戦後も続く「隠滅の思想」=会社員・吉川弘一・62(大阪府茨木市)毎日新聞 2017年8月15日 東京朝刊。 小さい頃、父親から太平洋戦争の話をよく聞きました。 その中で、敗戦後福井にいた父は上官の命令で軍の書類を焼却する指示を受け、毎日毎日焼いていたそうです。 もちろん連合国側に知られると都合の悪い書類など一切を隠滅するため

です。 軍だけでなく各役所でも公文書が燃やされたとのこと。 日本全国で行われたことでしょう。 しかし、その後の国造りを考えれば、貴重な資料としなければならなかったはずです。 都合の悪いことも含めそれらを基に反省し、責任を明確にして、新しい国造りに生かすべきだったと思います。 この国は自ら戦争責任を明確にしてきませんでした。  それらの“証拠隠滅”の思想は戦後も生き

続けていることが、森友学園問題や加計学園問題で明らかになりました。 責任を追及しない、責任者も特定しない、更には権力へのそんたくに励むという「この国の形」。 情けない限りです。 ぜひ責任を取れる国にと思い、投稿しました。

brv1d.jpg ノルウェージャン・スター号、船内様子 1。

bru40d.jpg ノルウェージャン・スター号、船内様子 2。

http://nobuyasu27.exblog.jp/20749359/

 ☚ おいでやす 左のマーク押してね。







Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 客船の旅, All rights reserved.